収益物件活用塾|不動産の買取業者に依頼しよう

集合住宅

安心して保有できます

住宅

魅力的な代替手段です

上場不動産投資信託の仕組みを理解すれば、中古ワンルームマンション等の実物不動産で行う不動産投資の代替方法として有力だということがわかります。まず上場不動産投資信託とは不動産投資信託の中でも株式市場に上場されているものを言います。株式市場に上場されているため、証券会社に口座を保有していれば誰でも売買をすることができ、また決算報告書なども簡単に確認することができます。不動産投資信託とは、マンションやオフィスビル、ホテルや物流施設等の収益物件を対象に投資をして、その賃料収入から経費を差し引いたものを投資主に分配金として還元する金融商品です。投資主が収益物件を直接保有するのではなく、運用会社が収益物件の選別や管理を行います。

運用会社がやってくれます

実物不動産に投資をすることと不動産投資信託に投資をすることの大きな違いの1つが、この収益物件の選別や管理です。不動産投資信託の場合、運用会社がすべてを行ってくれるので、投資主がやるべきことは投資主総会への参加と分配金を受け取ることくらいです。運用会社は大手不動産会社やディベロッパー、金融機関と太いパイプを持っていることが多く、優良物件の情報を得やすい立場にいます。また、建物管理会社と管理費などの価格交渉を行い、投資主の収益が最大化することを目指しています。つまり、投資主に不動産投資の経験がほとんどなくても、不動産投資のプロが運用するメリットを享受することができる投資商品を簡単に購入できるものが、上場不動産投資信託なのです。